フィッシュ&チップス

カモがチップ背負ってくポーカー日記

フィリピン13日目-フロップフルハウスとTPTKギャンブル

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は、22日12時から23日4時頃までをお届けします。

 

目が覚め、身支度を整えたかもは、早速RWMに出勤。

 

この日は、4つのセッションをこなしました。

①50-100 -10ドル

②100-200 +483ドル

③50-100 -39ドル

④100-200 -438ドル

総計 -4ドル

 

①③は、100-200のシートが開くまでの時間つぶしで、ともに短いセッションでした。

今日のほとんどは、②④.

②では、次のようなビッグチャンスが巡ってきました。

 

MP QQ

BU 100 post

MP 600 LJ,CO,BU,SB call

Q88QT

xxxxb1200,c,r,6000,c,all-in14525,fc

BU showed 98s

MP won

 

フロップフルハウス

88トリップス相手に、スロープレイがさく裂成功。

相手のキッカーがKハイ以上なら、ジャックポットチャンスまで付くという美味しい展開でした。

 

このような僥倖を背景に、④ではロングボウルギャンブルを試みてみました。

 

HJ A♥️J♥️

2 limped

HJ 1700,BB,UTG+1,LJ call

J92♥️xQ

xxxb1300,c,r10000,f,all-in over 20000,f,c

UTG+1 showed Q♥️T♥️

UTG+1 won

 

フロップレイズレンジを検討したところ、

バリューレンジは次の8通りなんですよね。

JJ 1

99 3

22 3

J9 1

 

代表的なブラフレンジはおおむね次の12通りから24通りだとリーディングしました。

KQ 4-16

QTs 4

J9s 4

 

なおかつ、相手は豊富なスタック・バンクロールを有しており、テーブルはアクションが盛んで、相手はそのアクションプレイヤーの1人でした。

そこで、かもは相手はドロー系である確率が高いと踏みました。

 

さらに、相手のレイズが大きすぎて、相手がドロー系であってもかものオールインにコールしなければいけなくなっていました。

つまり、ドロー系に対するバリューレイズオールインが高い確率で成功するということです。

 

そこで、かもはフロップフルハウスで得た利益をフロップで入れきりました。
相手は狼狽し、SPRを計算して止む無くコール。

出てきたのはQ♥T♥でした。

 

ここまでは理想的な展開だったのですが、そこでかもはミスをします。

twiceを要求しなかったのです。

エクイティとしては60%・40%くらいなので、フェイバリットハンドとして強気にtwice、あるいは 3timesを要求し、分散を抑えてもよかったのではないか。

そう思うのです。

 

結局、リバーカードQで捲られ、その日の利益を全て分散という波にさらわれてしました。

ギャンブルに出た以上、仕方ないですね。

 

 

 

ちなみに、今日は100-200で一週間お世話になった専業さんが日本に帰る日でもありました。

そこで、専業さんは最後にかもにいろいろと情報を提供してくださいました。

それは、専業さんが今まで回られた世界各国のポーカースペースの状況、良い時期やイベント、その他気を付けるべきことなど、かもの知らないものばかりで、大変勉強になりました。

 

そして、一日も早くアメリカに行くようにと強くアドバイスをいただきました。

日本にいる仲間、特にJAWSくんと話をして、早期実現させたいと思いました。

 

 

あと、はるばるマレーシアから賭博場の道化師さんが遊びにきてくださいました。

外貨両替の手数料節約のため、ペソを貸してくれというので、20000ペソをとりあえず貸したところ、無事に10000ペソほど増やせたそうで何よりでした。

 

明日は利益を残せるといいな!

 

フィリピン12日目ーAAなどでの-800ドルを取り返す一日

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は9月21日18時から22日8時頃までをお届けします。

 

18時過ぎにカジノにつくと、今朝知り合った日本人ポーカープレイヤー3人とフィリピン料理屋へ。

 

RWMの2Fに色んな国籍料理屋があるフードコートがあり、カジノ飯に飽きたプレイヤーの胃を癒してくれます。日本食を扱う店もあるんですよ。

そんな中、今日は地味に初めてのフィリピン料理屋へ。

1人1品~2品を頼んで、それぞれ自由に各皿をつっつきました。

 

フィリピンに来るまで、フィリピン料理はまずいとか、全部甘いと耳にしていましたが、今日食べたフィリピン料理はどれも美味しくて、また、全部甘いわけでもなかったです。気に入りました。

 

食事後は稼働開始。

今日は3つのセッションをこなしました。

 

1つ目は50-100。-16ドル。

2つ目は100-200。±0ドル

3つ目は25-50 -127ドル。

 

と今日は、振るわなかったですねぇ。

 

1つ目は、そもそも40分くらいしかプレイできてないので仕方ないです。

しかし、2つ目はAAがフロップでOESDとのオールイン対決となり、リバーカードでストレート完成させられるという憂き目に遭いました。

 

LJ AA

1 limped

LJ900,BU,MP call

764Q8

xxb1600,c,all-in almost 13000,cf

BU showed Q5s

BU won

 

そのせいで一時-800ドルまで落ち込んでいたので、何とか元に戻せて良かったです。

 

3つ目は、JJがフロップでトップセットになり、ポットを膨らませていったところ、リバーで捲られたのが大きかったですね。

 

MP JJ

1 post

MP 150 HJ,BU,SB,UTG+1 call

J♠️T♠️54A

xxb500,cfcf

xb1400,c,all-in-call

xb4000,c

HJ KQo

HJ won

 

これについては、リバーでナッツストレートの完成が予想されたので、BFラインを取った方が傷口が広がらなくて良かったかなと思います。

 

総収支は+588ドル。

チップとなっているペソが97000ペソ。

 

総収支+1000ドル、なかなかいかないですね笑

また渡比時に替えたペソが96200ペソだったので、サテ代と生活費で利益消えてます笑

長期滞在なので別に焦ってはいませんが、ポーカーで生計を立てることの難しさを実感してます。

プロってすごいんですねぇ。

 

ただ、かももまだまだ利益の最大化、損失の最小化を図っていける余地があるので、今後修正して結果を見てみたいと思います。

フィリピン11日目-チャンピオンシップサテライトとエントリーフィー

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は9月20日AM10時くらいから9月21日14時くらいまでをお届けします。

 

20日は18時からチャンピオンシップのサテライトに出ることにしていました。

そこで、ピークを夕方に持って来るために、AM3時に宿に戻り、AM10時頃に起きました。

 

そして、Snowieトレーニングでプレイを調整しながら12時半に稼働開始。

この日はサテライトも含めて6つのセッションをこなしました。

各セッションの収支は次の通りです。

 

1つ目は50-100.-21ドル。

2つ目は100-200 +31ドル

3つ目はサテライト -360ドル

4つ目は50-100 +256ドル

5つ目は100-200 +192ドル

6つ目は50-100 -75ドル

 

このように20日の稼働は、サテライトのエントリーフィー分を回収するという形になりました。

 

肝心のサテライトは、気合を入れていったもののAQo、A6s、A3s、K5sという4つのハンドをプレイするだけで終了しました。

こんなすぐに終わることは初めてだったので、我ながら驚きました。

キャッシュをメインに位置づけた遠征とはいえ、本当にトナメに縁がないですね。

 

6月と8月は、トナメのプライズが、全体の収支を強く下支えしてくれました。

しかし、今回の遠征では-600ドル。完全にお荷物です。

キャッシュで地道に利益を積み重ねていくしかありませんね。

 

となると、稼働時間を朝から晩までではなく、晩から朝までにした方が効率よかろうということで、昨夜はオールナイトで稼働し、結局21日の14時までプレイしていました。

 

しかし、やはりオールナイトの長時間稼働は利益出ませんね笑

半ば衝動的にAKsでAA、76sでKKにそれぞれ振り込んでしまい、-600ドル弱落としました。

それでも最後のセッションを―75ドルまで戻せたので良かったのですが。

 

昼くらいまでプレイしていると、チャンピオンシップトナメに出場するミンさんが声をかけてくれました。

残念ながらサテライト通過できなかったので、参加できない旨を伝えると、チャンピオンシップのエントリーフィーを出してくれるとおっしゃってくれました。

 

ミンさんは8月APTのメイン、チャンピオンシップと一緒にプレイしました。

そして、かものプレイングを高く評価してくれて、アメリカに来るべきだと強く推してくれた方なのです。

 

まだGTOを修めていないかもとしては、なんだか人に投資されることに責任が持てないので、丁重にお断りしました。

 

ステーキングを受けないのであれば、自分のバンクロールを早く大きくするか、サテライトを高い確率で通過するしかないですね。

でも、トナメに安定的に出場するにはどれくらいのバンクロールがいるんでしょうね。

 

大きな国際大会で活躍するTさんに相談すると、エントリーフィーをバンクロールの1%にするのが理想だが、Tさんはライブトナメでは全然気にしてないということでした。

 

仮に1%だとすると、チャンピオンシップのエントリーフィーは1650ドルくらいかかるので、165,000ドルいるってこと?

ミンさんには、私たちにはまだこれから一緒にプレイできるチャンスがいくつもあるよって答えたけれど、単純な方法では非現実的だなぁ。

 

やはりGTOを早く修めて、バンクロールにあまりダメージを与えないようにステーキングを活用する方がよいのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

バンクロールとベットサイジング

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は、バンクロールとベットサイジングの関係について好き勝手私見を述べようと思います。

 

かもは、よくポーカープレイヤーからこのような意見を聞きます。

 

「相手は割とルースにコールしてくれるプレイヤーだから、大きくバリューベットをした方がよい」と。

 

現状勝っているのだから、コールしてくれる分だけベットを大きくすること(ロングボール)は、確かに正しいです。

でも、その正しさの裏には、もし捲られたときには大ダメージを受けるというリスクが存在します。

 

したがって、かもは現状勝っていても、捲られたときのリスクに備えて、ポットを小さく保つこと(スモールボール)も、また正しいと思うのです。

 

どちらも正しいのなら、一体どういう指針・基準を持てばよいのでしょうか。

かもは、この点でスタック、ひいてはバンクロールの多寡が大きく影響すると考えています。

 

すなわち、バンクロールの大きな人はロングボウル、小さな人はスモールボールを心掛けるのがよいと思っています。

 

バンクロールが大きな人は、たとえ捲られて大きなポットを失ったとしても、バンクロール全体からみれば大したダメージではありません。

したがって、まだまだ多くの試行回数が残されており、正しいロングボウルをし続けるうちにバンクロールは次第に増えていくと思います。

 

しかし、バンクロールが小さな人は、捲られて大きなポットを失うことが不運にも何回か、また十何回か連続すると行動不能に陥るかもしれません。

したがって、スモールボールプレイにつとめることで、試行回数を確保し、少しずつでもバンクロールを増やしていくことが大切になると思うのです。

 

トナメでスモールボールプレイが推奨されるのも、そういうことでしょう?

 

なのでかもは、バンクロールの小さなプレイヤーが、大きなプレイヤーからベットサイズを大きくした方がよいとアドバイスを受けているのを見るにつけ、悶々とするのです。

あなたのバンクロールはその分散の大きさに耐えられるのかと。

 

ちなみに、スモールボールプレイだからといって、大きなベットを絶対しないというわけではないのであしからず。

ベットするときには、メリットだけじゃなく、リスクも考えてサイジングする。

ただ、それだけのこと。

 

 

フィリピン10日目-二度目の1000ドル到達と転落

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は、19日AM6時頃から20日AM2時くらいまでをお届けします。

 

6時前に起床。スマホの充電をまたし忘れてました。

100%になるまで充電してから、出勤。

今日は3つのセッションをこなしました。

 

第一セッションは25-50

KQトリップスで、88セット・55セットとぶつかり、-100bbからのスタートでした。

これはターン3ベットオールインに降りるべきでしたね。

何とか終わるまでに65ドルのプラスに戻せて一安心。

 

第二セッションは50-100

ここでは特に波乱なく+156ドル。

 

第3セッションは100-200

ここでは次のように、リスクを取りに行ってやられました。

 

CO QQ

UTG+1 1500 CO,BU,SB,BB call

4◆4♥️2◆J♥️

xxxb2000,cfcf

xb4000,all-in almost11500 cf

SB showed 54s

SB won

 

UTG+1がロングボウルプレイヤーだったので、QQでエクスプロイトしようとしました。

しかし、後ろにはルースパッシブなSBが控えており、逆にこのSBにQQがエクスプロイトされた形になりました。

気分は、ゴンに番号札を盗られたヒソカでした笑

 

この後もハンドとチャンスに恵まれず、結局355ドル負け。

 

この日はトータルで134ドル負けとなりました。

一時はトータル1000ドル勝ちに戻せてただけに残念ですが、これもポーカー。

3歩進んで2歩戻るを繰り返しながらでも、利益を積み重ねてゆきたいと思います。

 

 

 

 

フィリピン9日目-上昇気流

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は9月18日6時時頃から22時頃までをお届けします。

 

この日も早く起きたかもは、スマホの充電をし忘れていることに気づきます。

スマホがあった方がプレイの質を維持しやすいので、充電が100%になるまで宿で待機しました。

シャワーを浴び、朝ごはんを食べ、それでもまだ暇を持て余していました。

そこで、昔スーファミで遊んだドラクエ5を購入し、起動させました。

 

8:40頃にRWM着。この日は50-100が1テーブルだけ立っていました。

そこで、50-100と100-200のウェイティングリストに登録し、しばし待機。

 

この日は3つのセッションをこなしました。

 

1つ目・2つ目は50-100、3つ目は100-200です。

 

第一セッションは、8番に座りました。サイドトナメで優勝したチャンピオンが1番に座ったので身構えましたが、どうやら今日のチャンピオンの調子はよろしくない様子。

飛行機のチェックインまで時間をつぶしているだけらしい。

プレイもハンドのエクイティに対しアグレッシブすぎます。

おかげで、完全に搾取でき、5時間20分で559ドルの収益を上げることができました。

 

続く第二セッションは、9番に座りました。

ルースコーラーが多くいるテーブルで、かつ、会話も盛り上がったので楽しかったですね。

2時間で115ドルプラス。

 

そして、100-200が空いていたので、18:20から移動。

レギュラーのサイモン、マートゥース、チェンたちとプレイを通じたコミュニケーションを楽しみました。

プレイ時間が10時間を超えたころ、ミスプレイをしてしまったので、引き際を感じて退席しました。

2:55で169ドル。

 

振り返ってみれば3つのセッションをすべてプラスで終わらせることができ、とてもよかったです。

トータルの収支も842ドルのプラス。

二度目の1000ドル超えまでもう少しですね。

 

今は19日AM6:13

今日も、利益を求めず、正しいプレイをこころがけたいと思います。

 

フィリピン8日目-±0

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は9月17日6時頃から21時頃までをお届けします。

 

朝起きたかもは、シャワーを浴び、朝食をとるとともに、昨日・一昨日のことをブログにまとめました。

 

そして、出勤。

カジノにつくとまだ25-50テーブルが1つしかありませんでした。

そこで、50-100、100-200を待ちながら、25-50に着席。

不思議と今日は始める前から負ける気がしませんでした。体調が良い証拠だと思います。

 

結果は、25-50では36ドル負けとなり、連敗記録を9セッションと伸ばします。

しかし、続く50-100で187ドル勝ち。100-200でも178ドル勝ちをしました。

そのおかげで昨日までに作った赤字330ドルをきれいに返し終えて±0となりました。

 

今日と昨日・一昨日のプレイを比べて記録しておくことが、今後のために欠かせないと思います。

 

今日は、昨日に比べて良く寝ていました。

昨夜は19時頃には寝たと思います。そして朝6時起床。

11時間くらいの睡眠でしょうか。

前日が27時間稼働だったので、いつもより長くなりました。

 

あと、今日はハンドを待つことに何も苦痛を感じなかったのに対し、昨日・一昨日は待つのがしんどかったです。

もしかしたら、待つのがしんどいときはもう離席した方がよいのかもしれないなと思いました。

 

あとはベットサイジングが昨日・一昨日より細やかにできたと思います。

リーディングの深さに差が出てそう。

 

あとは最後まで、自分のプレイハンドをSNSに投稿し続けることができましたね。

これは自分のプレイをすぐに反省する機会を持ち、直後のハンドの質を高めるのに一役買っていたと思います。

 

フィリピンに着いたのは11日に日付けが変わるか否かのタイミングでした。

そして今日で丁度7日が経とうとしています。

利益は残せませんでしたが、損失もありませんでした。

投資した時間は返ってこないけれど、代わりに貴重な、本当に貴重な経験を得られたと思います。

 

これで本当に±0。

明日も、プラスを出そうとするのではなく、ただベストを尽くそうと思います。