フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

渡比5000ドルチャレンジ21日目~ブラフキャッチとブラフの日。求む、バリュースポット~

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今回は、2018年11月29日(木)15時頃から、30日(金)5時頃までをお届けします。

 

昨夜大敗した、かも。

今日はゆっくり休む。バカプが買ってきてくれたカレーを食し、ブログを書いてもう一度就寝。

 

17時頃、バカプとあざーるさんとともにRWMへ。

JOHNNY CHOWで腹ごしらえ。

 

今日は3枚目のスパイシー酢豚のようなものを初めて注文しました。

 

18:30からは100-200。

今日はバリュースポットに恵まれませんでしたね。

セットにやられた2ペアがあったくらいで、セット以上の役が1つもありませんでした。

ブラフとブラフキャッチのみで戦っていたような気がします。

 

4時頃テーブルブレイクして帰宅。

 

そういや、OKADA MANILAについて続報ですが、各テーブルの下にUSBを挿せるところがあるそうです。各シートごとについているそうなので重宝しそうですね。

OKADA MANILAのポーカールームはRWMやSOLAIREと違って禁煙なので、個人的にはいち早く流行ってほしいな。

 

この日の成績とハンドレビュー

この日は2セッション。

①Pokerstars 100NLz -34.95ドル

②RWM 100-200 -309ドル

合計-343.95ドル

 

目立ったプレイは次の3つかな。

◯MP JJ

7 player

r500,ffff

fr2500,c

632Qx

b3000,c

b covering MP stack,c

BB showed AKo

MP won

 

〇SB K♥️Q

8 player

straddle,fcfff r1800,

ffc

J♥️9♥️xA♥️

xb3000,c

xb5000,all-in almost 23000,f

SB won

 

×MP J♠️T♠️

ccr1100,ffcc

cfcf

A♠️TxJy

xxxxb5000,ffcf

xall-in 11900,c

BU showed TT

BU won

 

㋐のハンドランキングは次の通り。

(54s) 4

QQ 3

(66 3)

(33 3)

(22 3)

AA-KK 6*2
QX

JJ 1

TT-77 6*4

以下省略

AK 16

可能性の低そうなところは括弧に入れました。

こうしてみると、AQ・KQがBBからMPに対する3ベットハンドに入っているか、又、ポストフロップのブラフベットハンドにAKが入っているかで、JJの採るべきアクションが変わりそうだなと思いました。

 

そして、BBのプレイスタイルからAQ・KQがBBからMPに対する3ベットレンジに入っている可能性は低く、AKがポストフロップのブラフベットレンジに可能性はあると判断。

とすれば、JJは、QQ・AA・KKの15コンボに負けており、AKの16コンボに勝っているというとてもマージナルな状況。ターン時のスタックはおよそ7000ほど。必要勝率は7000/25100=27.88%ということで、今回はコールを選択しました。

 

㋑㋒は同じ相手と対戦。見てもらえたら分かるように、この時点ではこのプレイヤーはポストフロップに必ずベットし、リバーでオールインまでいくコミット戦略を採っていました。

そこで、㋑ではNFD・GSSDでオールインブラフを返し、㋒ではJT2ペアでオールインにコールしました。ルースコーラーでもあったので、㋒では、AAの3コンボはないにしても、KQストレートが16コンボが消せず、きつかったですね。

 

その後の観察によると、この相手は、何でも打っているわけではなく、2ペアの強さを過信し、ストレート以上が完成しているときもオールインに持ち込んでいるようでした。

 

しかし、1日終わってみれば今日も負け。JT2ペアの他にタフコールを1回したのが響きましたね。しかし、それ以上に2ペア以上のバリュースポットがなかったのが大きいかもしれません。

 

バリュースポット、求む。