フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

渡比5000ドルチャレンジ8日目~コーチングと初めてのMetro Card Club~

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今回は2018年11月16日(金)10時半頃から17日(土)3時頃までをお届けします。

 

マキシムカフェのパッショネイトマンゴーは至高!

10時半頃に起きた、かも。

部屋はとても暑く、体が重い。疲労が体から全く抜けていないようだ。

 

とりあえずシャワーを浴びて身支度。

今日はみっちゃんと行動を共にすることになっていたので、12時にマキシムカフェへ。

 

パッショネイトマンゴー、最高だった。

 

昼寝、今日もできず、疲労度高まる

食事後は、3人でNUAT THAIでタイ式マッサージを受ける。

みっちゃんに私たちの生活を体験してもらい、ポーカースキル向上の意欲を高めてもらうためだ。

 

マッサージを終えると、とても眠くなった。

疲れているときにマッサージを受けると、自分の疲労度を痛感できるみたい。

しかし、宿に帰ってもエアコンは壊れており、昼寝できるスペースはない。

 

道中。サンダル購入、エアコン復活及びポーカー診察

そこで、3人は当初の予定通り、GrabでThe Metro Card Clubへ。

行きは430ペソくらいだったかな。

渋滞もあり、想像以上に時間がかかった。2時間弱。

 

写真は車窓から。通過したマカティでは現地感満載の市場があり、多くの人でにぎわっていました。

かものサンダルもソールが取れていたので、タクシーを止めて175ペソでサンダルを購入してみました。歩きやすい。

 

途中、ジョーズくんから宿のエアコンが直ったとの一報が。宿で一人仕事をしていたジョーズくん。暑すぎて仕事が捗らず、インターネットで調べて対処したらしい。凄すぎる。

エアコンが直ったのならば昼寝をしに引き返そうかなと、かももNujaも頭を掠めたが、お互い言い出せず。そのままMetroへ向かうことに。

宿に戻ったらエアコン復活パーティーを開くことをジョーズくんと約束。

 

また、みっちゃんの現在の状況を確認。

みっちゃん、9月、10月とそれぞれ250時間くらい打ってきて、トータルでマイナスを出しているらしい。そして、今も25-50で時給100円。

PokerJAWSには目を通したかと問うと、「9割目を通した。基本をもう一度確認できた。」という。

妙だな。かもからすれば、PokerJAWSの内容をマスターできているなら、ライブキャッシュで負ける道理などないはずなのだが。

 

www.pokerjaws.com

 

 

The Metro Card Clubとみっちゃんの課題。

Metro近くに到着。さきほどの写真の場所より都市化しており、多くの飲食店がありました。Metroから帰るときには盛況でしたよ。

 

 

この標識に沿ってMetroへ。

 

 

このドアをくぐって、突き当りを左に曲がるとあります。

 

着きました。

入り口で荷物は検査され、スマートフォンのカメラの部分には盗撮防止用のシールが貼られてしまうので、中の写真は撮れませんでした。

 

でも、 画像検索すると中の様子が見れます。

METRo card club - Google 検索

 

ここはRWMやSOLAIREと異なり、純粋なポーカースペースみたい。他のカジノゲームはない。

丁度RVSという500万ペソ保証の大きなトーナメントが開催されており、多くの人で数あるテーブルが埋め尽くされていた。

当初は、かもとNujaもこのトーナメントに参加するつもりではあったが、宿から2時間弱もかかったのでもし勝ち残っても次の日来るのが億劫だったこと、宿のエアコンが壊れていて疲れが取れていなかったことから、急遽エントリーを取りやめた。

 

そこで、かも、Nuja、みっちゃんの3人で50-100に座る。そして、みっちゃんのプレイ上の問題点を見つけた。

みっちゃんは、アクションを決める前に、ハンドランキング表を描いていなかった。だから、適切なアクションを選択できないのだ。これでは時給100円になってしまうのも仕方がない。

なので、かもは、PokerSnowieを用いて、ポストフロップに論理的に存在可能なハンドの種類とコンボ数と、合理的な妥当なハンドの種類とコンボ数とそれぞれに適切アクションを考えて、強い順から毎回書き下すようにアドバイスした。

ちゃんと実践さえすれば、自分のハンドの採るべきアクションが見えてくるはずだ。

 

Metroの特徴

さて、今日初めて行ったMetro。RWMやSOLAIREに比べると色々と特徴が見えてくる。

 

①まず感じるのは空気のきれいさ。見渡すと煙草を吸っている人が一人もいない。禁煙なのかな。かもは非喫煙者なので、これはすごく嬉しかった。

 

次に、

②勝っているときにはすぐにシートオープンできない。シートオープンする1時間前にはディーラーに離席の意思表示をしなければならない。

 

③離席してもブラインドが取られる。なので、RWMのように3周ブラインドが回ってきても離席していたらシートオープンになるということがない。

 

④オールインしてもすぐにショウダウンしない。これは韓国と同様

 

⑤無料フードがある。

これも韓国のウォーカーヒルと似ている。種類は少ないが、なかなか美味しかった。

 

⑥VIPルームがある。

高レートは利用できるみたい。

 

⑦低レートが充実している

10-20というレートがあった。

 

全体として、ポーカーという競技を楽しむうえでは、RWMやSOLAIREよりも心地よ居場所だと感じました。

 

ただ、100-200が週末くらいにしか立たないこと、SOLAIREほどうまみを感じないことから拠点にまではできないように感じました。

するとしたら、今回のRVSのように良い大会があるときに、宿をMetroの近くに移して堪能するくらいかな。

 

ペッパーランチ

Nuja氏に疲れが見えたので20時半ころシートオープン。RWMへ戻る。

Nuja氏がペッパーランチを体験してみたいというので、3人で行く。

残念ながら味噌汁は売り切れていたが、ジャンボサイズのペッパーライスを堪能。

みっちゃんはMetroの無料フードでお腹を膨らませていたので、待っている間PokerSnowieで特訓。ポストフロップが開くたびにハンドランキングを書き下してもらう。

やはり慣れていないからか、作業が遅い。伸びしろしかないな。

 

食事後、みっちゃんと別れ、Nuja氏とコンビニへ。

日本式カレーは売り切れで、ごみ袋(トラッシュバッグというらしい)だけ買って帰る。

 

エアコン復活パーティーGTO研究

そして、エアコン復活パーティーということで、エアコンを直したジョーズ君に、マクドナルドのセットを買って帰る。前2つ頼んでたので、チーズバーガーとフィレオフィッシュのセットを買ったよ。今回はちゃんとLセットでね。

 

パーティーの最中には宿のオーナーの妹さんが、扇風機を3つも抱えてやってきた。どうやらエアコンが直ったという一報をオーナーには伝えたものの、妹さんにまで届いてなかったみたい。

問題は解決したし、解決してなかったとしても誠意ある対応だなと思いました。

 

早めに寝るつもりが、Run It Onceを観たり、 GTOについて3人で議論を交わしたりしていると早3時。

さっさと眠ることにしました。

明日は全回復してるといいな。

 

この日の成績とハンドレビュー

この日はわずか1セッション。

50-100@Metro -93ドル

 

ただ、EVロスの大きなミスプレイはなかったと言えるのでよかった。

 

×CO QQ

r350,c,f,f,f,c,f

cf

T◆763◆T

xb850,cff

xb2100,c

all-in,f

UTG+1 won

 

㋑ 

◯SB AQo

f,f,f,f,f,f,r250

r850,f,c

K43QJ

xx

xb500,c

xx

BU muck

SB won

 

今日のGTO~Piosolver解析~

では、今日は㋐を取り上げてみます。

まずはOOPレンジ。

f:id:fish-or-duck:20181118011144p:plain

UTGのオープンにコールし、チェックで回ってきたフロップでSB、UTG,COに対して56%potベット。そしてターンチェックするハンドレンジを次のように広めに想定してみました。

 

続いてIPレンジ。

f:id:fish-or-duck:20181118011337p:plain

UTGオープン、UTG+1コールを見てコールするレンジを次のように想定してみました。

 

続いて設定。 

f:id:fish-or-duck:20181118011513p:plain

 

ベットサイズは33%、67%、100%を採用。

ターンのOOPは実際の通り、チェックでアクションをIPに回すこととします。

 

 

f:id:fish-or-duck:20181118011608p:plain

 

するとIPのQQは2144(67%pot)ベットすることがGTOに沿います。

かもの選択は2100。GTO通りといえそうですね。

 

f:id:fish-or-duck:20181118011707p:plain

 

これに対してOOPは、ドローのないTXはフォールドするのがGTOに沿います。IPのレンジが強すぎるんですね。

ただ、かものリーディングではUTG+1はトップペアをフォールドできないと思います。

 

そこで、TXをすべてコールに固定します。

f:id:fish-or-duck:20181118012018p:plain

 

リバー。

f:id:fish-or-duck:20181118012115p:plain

多くのTXがオールインしてきます。実際のUTG+1もオールインを選択しました。

 

これに対するIP。

f:id:fish-or-duck:20181118012202p:plain

QQはコールorフォールドがGTOに沿うことになります。

 

発展:2ベットコールUTG+1 vs CO QQ~ターンチェック以降UTG+1がGTOから外れない場合~

今回は、OOPがターンでGTOから外れているという想定で、アジャストしてみました。

では、OOPがターンチェック以降もGTO通りにプレイするなら、その後はどうなるでしょうか。

 

これについては、noteに記したいと思います。

 

note.mu