フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

渡比5000ドルチャレンジ7日目~エアコン難民、ー620ドル~

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今回は2018年11月15日(木)12:30頃から16日(金)時5時頃までをお届けします。

 

ジョーズくんに買ってきた朝食、空振りに終わる

12時半頃に起きたかも。シャワーを浴び、カレーを食べる。

ジョーズくんは買い出しに出ており、マクドを手に帰ってきた。

前日にジョーズくんの朝食を買ってきたが、伝え忘れていたな。

 

エアコン難民、スタバへ

前日からエアコンが壊れており、部屋で作業をするにはつらい暑さ。

そこで、かもはNujaとともにスタバへ移動。

 

まずNUAT THAIで17:20からのマッサージを予約。

最寄りのスタバにいくもWi-Fiがなかったので、RWM内のスタバに戻る。

店員の説明によればRWM内のスタバならWi-Fiがあるとのことだったが、探しても見つからない。

仕方がないので、スマホテザリングで6日目の記事を執筆する。

 

頼んだのはベストセラーだというHibiscus Tea with Pomegranate Pearls。

さわやかでした。ストロベリーのような風味はザクロだったのね。

 

 

作業風景。モバイルモニターが活躍してます。

 

みっちゃんとPotter

17:20丁度にNUAT THAIに戻るも、なぜか今からだとマッサージを一人しか受けられないという。

そこで18:30からを再度予約し、時間つぶしにRWM50-100へ。

 

座っていると、9月-10月の渡比遠征時にゲストハウスで一緒になったみっちゃんから声をかけられる。

12月に入ったらPiosolverとPoker Snowieについて教えてほしいらしい。

それならということで、20時過ぎからの会食を取り付ける。

 

マッサージを受けるためにシートオープン。

キャッシャーに向かおうとするとPotterに声をかけられる。

かもに分析してほしいハンドがあるらしい。

頼りにしてもらえることは嬉しいことだが、なにぶん今は時間がない。

ということで、Facebookで友だちになり、メッセージを送ってもらうことにした。 

 

NUAT THAIで極楽マッサージ

18:30。この遠征初、90分間タイ式マッサージを受ける。

最高でした。今日の人は当たりだな。

 

Nuja、みっちゃんらとの会食

20時30分からはNuja、みっちゃんと再びJohnny Chowへ。

みっちゃんに野菜を採ってもらいたかったのだ。

みっちゃんとは9月-10月渡比遠征で出会った。

同じゲストハウスで3日間だけ一緒になったのだ。

その頃のみっちゃんは50-100を打っていた。

しかし、バンクロールを減らし、今は400時間稼働を目標に25-50を打っていた。

 

そんなみっちゃんに対し、かもは色々と言いたいことがあったが、あまり言わないようにしていた。しかし、今日、かもを頼ってわざわざテーブルを移動して声をかけてくれたので、それならばということで思っていることを伝えることにした。

 

みっちゃんの目標を問う。その手段の適切性を問う。稼働時間を目標にすることの不適切さを指摘する。

必要に思っていること、したいことを先延ばしにすることの不合理さを説く。

 

結果、バカプがくる20日までの間行動を共にすることになった。

 

会食を終えるとすでに22時半。みっちゃんは20時間寝ていないということで、宿に帰った。

 

Nuja氏とともにSOLAIREへ。

着いたのは23時過ぎだろうか。

すでに眠気と疲労を感じていた。

しかし、2人はウェイティングリストに登録し、2Fのソファーへ。

しばらくいると係の人がやってきて注意される。どうやら居てはいけないフロアみたい。仕方がないので代わりの場所を教わり、フードコートの一角に移動。

 

23:55頃から100-200稼働。

集中力の低さを感じて27時にはシートオープン。

 

RWMへ戻る。

 

まだFranksが開いていたので、2人でチキンバンとフレンチフライを食べ、宿に戻る。エアコンがまだ壊れているので、とても暑い。なかなか寝付けない。疲れが取れない。

 

この日の成績とハンドレビュー

この日は2セッション。

①50-100@RWM -5ドル

②100-200@SOLAIRE -615ドル

合計-620ドル

 

この遠征最大の敗退。全体的に運がなかったので損失が出ること自体は仕方がない日だったと思う。しかし、チップを出し間違えてコールすべきところをレイズしてしまったり、残っているプレイヤー人数を間違えるなどのミスプレイで200ドル損失を拡大したことが勿体なかった。

ただ、卓のおいしさに未練を感じながらも、集中力の低さを受け入れて早めにシートオープンできたことはよかった。

 

×BB A◆A♥️

UTG straddle

3 limped

BB 2500,UTG,SB call

K◆T♣️4◆9♣️8♣️

xb2500,cc

xxx

b8000,ff

SB won

SB showed ATo

 

これはSBのブラフに降ろされました。A♦を持っているので、FD滑りからのリバーブラフベットというラインが少なく、きつかったです。

 

×HJ QQ

f,c,f,f,r900,f,f

f,f,c

J9xTy

xb1100,c

xb1500,r4000,c

b6000,c

UTG+1 showed T9s

 

これはQQが相手のSDコンボを減らしているので、ターンチェックがよかったように思います。また、同様にリバーはフォールドした方がよかったですね。ミスプレイです。

 

 

今日のGTO~Piosolver解析~

今回は㋐を解析したいと思います。

 

まずはOOPであるSBのレンジ。ルースな相手だったので、広めにレンジを採ります。

また、リンプコールなので、上の方のレンジはキャップされます。

 

f:id:fish-or-duck:20181117143745p:plain

 

次にIPであるBBレンジ。

ストラドルに3リンプが入っているので、BBから割とタイトなライナーレンジで1potオープンしてみます。

f:id:fish-or-duck:20181117140718p:plain

 

次に設定。

f:id:fish-or-duck:20181117143849p:plain

 

 ベットサイズは33%、67%、100%を採用。

また、フロップIPベットのみ、ターンで1potオールインできるよう3750ベットを選択肢に加えます。

 

では、ポストフロップを見てゆきましょう。

まずはフロップのOOP

f:id:fish-or-duck:20181117144043p:plain

 

全レンジでチェックするのがGTOプレイです。

 

次にIP

f:id:fish-or-duck:20181117144301p:plain

すべてのレンジでCBを打ちます。

AAのベットサイズは33%が適切ですね。かもが選んだ2500もほぼGTO通りといえそうです。

f:id:fish-or-duck:20181117144418p:plain

 

これに対して、広いレンジのOOPはハンドによってアクションが大きく変化します。

今回のOOPはコールを選択しました。

 

次にターンです。

 

f:id:fish-or-duck:20181117144622p:plain

 

多くのレンジでチェックでIPにアクションを回します。

 

続いてIP

 

f:id:fish-or-duck:20181117144803p:plain

 

AAはスートによってアクションが変わります。

かものA♦A♥は、チェックと33%ベットの混合です。

今回は、後ろにUTGもいたのでかもはチェックを選択しました。

 

リバー。

まずはOOP

 

f:id:fish-or-duck:20181117144952p:plain

 広いレンジで1potベットしてきます。

実際にOOPが持っていたAToは、A♣を抑えている場合にナッツフラッシュブラフを打つことがあります。

 

これに対するIP

f:id:fish-or-duck:20181117145210p:plain

 

残念ながらAAは全フォールドです。

かももフォールドを選択。今回はたまたま相手がAToでしたが、GTOプレイをすることができて良かったです。