フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

渡比5000ドルチャレンジ5日目~苦境跳ねのける1000ドル勝ちとGrabドライバーとの出会い~

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今回は2018年11月13日(火)11時ころから14日(水)7時ころまでをお届けします。

 

Pioさんは~夜~な~べして~♪

11時に目覚めた、かも。

寝る前にPiosolverにかけておいたUTG TTとMP AKoの演算結果に目を通す。

そして、Snowieの演算結果とともに1つ1つSnipping Toolでスクショ。

パワポで1枚の画像に合成。

 

結構手間だな。

今まではほぼテキストだけだったからササっと書き上げて投稿することができたけど、なまじ昨日から可愛いデザインになってしまったので、ちょっと凝りたくなっちゃった。

ブログデザインを始めると沼だよとジョーズくんのニヤついた顔がよぎる。きっと同じ苦しみを理解してほしかったのだろう。ういやつじゃのう。

 

そうこうしているとジョーズくん起床。合成画像を見せると興味深く魅入ってくれました。

 

この日からジョーズくんは仕事を再開。

若干ノマドワーク的なジョーズくんのお仕事。

割と今日は忙しいというので、時短のためRWM前のコンビニで昨日のカレーを買うことに。

 

日本式カレーをめぐる攻防

コンビニに入ると、カレーを目指して一直線。

かもは、カレーが1つしかないことを確認すると、ジョーズくんより先に確保。

これでジョーズくんは難しい選択を迫られることになった。

 

残る日本式は牛丼か照り焼きチキン丼。

ジョーズくんは長考の上、牛丼を選択。

割といけるというバリューを得たようです。

 

noteに書いたよ。読んでおくれ。

宿にもどってカレーを食べつつ4日目の記事を執筆。

徒然なるままに書き下すというブログコンセプトの上に、見出し、目次、画像をちりばめるという新手法が加わったせいで、執筆時間がかかるかかる。

これだけ手間をかけて反響が薄かったらちょっぴり悲しい。そこで、前回から発展的な内容についてはnoteに書いて販売することにした。

儲けるつもりはないので料金は¥100に設定。ポーカースキル上達に対して熱意のある人がどれくらい読者にいるのか。この労力は報われるのか。ここまでブログに書く必要はないのか。知りたき。しらたき。…食べたい。

フィッシュかも|note

 

100-200に登録して、またブログ編集

15:20にようやく4日目の記事を投稿。

昨日から書いてたから6時間くらいかかったんじゃないか、コレ。

倒れこむように昼寝を開始する、かも。

 

17:50くらいに再び起床。

ぐんぐん伸びるアクセス数。やっぱりブログのデザインって大切なんだなぁ。

とりあえずRWMに行って、100-200のウェイティングに登録だけして宿に戻る。

 

まだ3日目の記事しか見出しや目次を入れたり、画像をさしはさめてないから、過去に遡って編集し直そうと思う。

 

注文した料理、行ったりきたり事件

20時。

この日のジョーズくんの仕事に目途がついたので、RWMへ移動。

カジノはすっかりクリスマス仕様。

 

今日は5FのMAXIMS The Terraceへ。

 

 

ここは、バイキングを注文するか、アラカルトメニューを注文するか選択できます。

バイキングは割と値が張るので、かもとジョーズくんはアラカルトを選択。

 かもは、PENNE POMODORO(PHP240)を、ジョーズくんは、SPAGHETTI BOLOGNESE(PHP320)を、そして二人でSALMON SINIGANG(PHP400)を注文。

 

あとは食事を楽しもう!という段になって、ポーカーエリアから着電。

今から100-200を開くという。

 

昨日みたいに、着席する前に200-500に上げられるのは嫌だなと思ったので、かもはカジノに向かうことを決断。

 

食事はどうするんですかと問うジョーズくん。

店員さんに相談し、カジノ内のサービスに私の料理の分だけ1Fのポーカーエリアに持ってきてもらうことに。

先に代金を支払っていると、ここで食べていきましょうよとジョーズくん。

すまぬジョーズくん、と思いながらも足はカジノへ。

 

ポーカーエリアに着き、100-200テーブルに着くと、かもはサービスを呼んで事情を説明。

すると届けられたのがこちら。

何ということでしょう。頼んだメニューがすべて届けられたではありませんか。

サービスの方にお願いして、ジョーズくんの分を再度上に持って上がったもらうことに。

後でわかったことには、テラス側のミスらしい。

しかし、元をたどれば、かもの我儘に端を発するともいえるので、サービスの方が戻ってこられたときに、いつもの倍のチップを支払いました。

 

RWMからこの遠征初のSOLAIREへ

何はともあれ100-200。

メンバーを見渡すと、とても辛そう。

長期的にプレイすれば勝てないことはないのだろうけど、お魚さんがたくさんいる場所の方が時給がいいのは確か。

 

そこで、後からきたジョーズくんが抜けたのを機に、かもも離席しました。

 

仕事をしに宿に戻るジョーズくんについていく。

宿の鍵が1つしかないからジョーズくんが宿に戻るときにはついていった後に、鍵を持ってもう一度外に出る必要があるんだよな。

宿が近いとはいえ少々面倒。

 

宿で、1人でSOLAIREに向かうか思案していると、マニラで日本人が銃撃されたとの一報が入る。

 

news.livedoor.com

 

恐怖しかない。

 

ただ、かもにはジョーズくんみたいに海外でできる仕事なんて、Pokerstarsくらいしかないので、やはりSOLAIREに向かうことに。

 

Grabで宿の前までタクシーを呼ぶ。ドアトゥドア作戦。

高速代と合わせて245ペソで無事にSOLAIREに移動。

少しだけ50-100をプレイした後に100-200へ移動。

一旦休憩を挟んだら、100-200が100-200-500になっていたので、RWMの50-100に戻りました。

 

この日の成績とハンドレビュー

 

この日はRWM、SOLAIRE合わせて4セッション。

①100-200@RWM -345ドル

②50-100@SOLAIRE -19ドル

③100-200@SOLAIRE +1008ドル

④50-100@RWM -30ドル

合計+614ドル

 

①では、次に示す状況でスタックを大きく減らしました。

 

×HJ AQo

f,f,c,f,r1600,f,f

f,f

A♣️97Q♣️8

 

xb1800,c

f:id:fish-or-duck:20181114161500p:plain

xb3500,all-in about 11000,c

 

f:id:fish-or-duck:20181114161517p:plainf:id:fish-or-duck:20181114161537p:plain

MP showed 77

MP won

 

ルースにリンプ/コールするPeterに、プリフロップで高い通行料を払ってもらうため2potレイズオープンしたまではよかったのですが、運悪くトップ2ペアとボトムセットが噛み合ってしまいました。

 

③では美味しいシチュエーションが3回ありました。

 

まずはこれ。

 

◯HJ A♣️T♣️

f,f,f,f,r500,f,f

f,c

Q♥️T9♥️24

xx

xb500,c

xb700,r4500,c

BB showed 9

HJ won

 

ドローが多いこの状況でターンにチェックコールするBB。

強いレンジがあるとは思えないので、リバーのチェックレイズにはコールしました。

 

次にこれ。

◯ MP A♣️K♣️

f,f,r500,f,c,f,f

r1500,f,r5200,f,

c

Q♥️TJ3♥️T

xb4000,c

xb6500,all-in covering MP(18900),c

SB showed 99

MP won

double up

ターンのブラフオールインがおいしかったですね。

 

そして最後にこれ。

◯MP K♠️Q♠️

f,f,r500,f,f,f,f

c,c A♠️J♠️2♠️Q3

xxb600,r2500,f,c

xb2000,c

xb20000,c

SB showed AJ

MP won

 

ターンで大きく打つか悩みましたが、SBがさきほど99でオールインしてくれた相手のため、あえて小さく打ってレイズが来ないか試しました。

残念ながら目算通りにはならなかったので、SBのレンジをAJと想定し、2potベットで苦境に追い込みました。

相手は長考の上コール。目算通りです。

 

5日間の収支

結果、前日のTT<AKoや、今日のAQo<77で生まれた損失を埋めてなおあまりある利益を獲得。

5日間の収支を+1,495ドルとすることができました。 

MP AKs vs SB 99~Piosolver解析:設定~

SBはポニーテールの女性(以下、「ポニ」)だったのですが、MP4ベットを99でコールするということは、割と広いレンジで4ベットコールがもらえそうですね。

そこで、最適戦略を割り出すために、Piosolverにかけてみました。

 

99がコールしてくれたことから、仮に相手の4ベットコールレンジを次の通りとします。

f:id:fish-or-duck:20181114173256p:plain

 

そして、今回かもはSBのライト3ベットを疑い、Snowieレンジから外したので以下のレンジを使うことにします。

f:id:fish-or-duck:20181114173317p:plain

 

次にPiosolverの設定画面。

33%、50%、67%、100%をセット。

 

f:id:fish-or-duck:20181114173426p:plain

 

フロップ~Piosolver解析~

まずはOOP

f:id:fish-or-duck:20181114175659p:plain

全レンジで33%potドンクベットが適切なようです。

しかしながら、ポニはチェックを選択したので、ノードロックでOOPのフロップアクションをチェックに固定。

 

続いてIP

f:id:fish-or-duck:20181114175917p:plain

33%potCBが適切なようです。

かもの判断は36%potCB。ほぼほぼGTO通りといえそうですね。

 

これに対するOOP

f:id:fish-or-duck:20181114180058p:plain

どうやら99は100%フォールドすべきだったみたいですね。

しかしポニはコールを選択。

そこで、またもノードロックでOOPのアクションをコールに固定します。

ターン~Piosolver解析~

続くターンのOOP

f:id:fish-or-duck:20181114180242p:plain

99は100%チェックが適切。

続いてIP

f:id:fish-or-duck:20181114180357p:plain

やはり33%potCBが適切なようです。

かもの選択は、34%potCB。これもほぼGTO通りといえそうですね。

 

そして、ダブルバレルに対するOOP

f:id:fish-or-duck:20181114180525p:plain

99は100%フォールドですね。

しかし、ポニはオールインを選択。

今回はナッツストレートを持っていたので難なくコールできました。

 

発展~①99がフロップチェックコール、ターンチェックレイズオールインした場合、②99がフロップからGTO戦略を採った場合~

では、ターンでオールインされた場合、IPはどのようなレンジでリバーオールインにコールすればよいのでしょうか。

また、OOPがフロップからGTO通りに動いた場合のIPのGTO戦略はどうなるのか。

 

これについてはnoteに記したいと思います。


note.mu

 

Grab運転手との投合

そういや、SOLAIREからRWMに帰る際、面白いことがあったんですよ。

行きと同じようにGrabでタクシーを手配すると、アンドリューという26歳男性が担当してくれました。

このアンドリュー、とてもフレンドリーで車内でも会話が弾みます。

すると、降りる頃には、タクシー代を無料にするのと引き換えに、一緒にRWMに入ることになっていました。

 

ポーカーを全く知らず、たまにするスロットでお金を減らしてきたアンドリュー。

そんなアンドリューに、ポーカーのルールを教え、PokerSnowieで練習し、PiosolverでGTOをマスターするようアドバイスする、かも。

そして、最後にはRWM50-100でプレイする、かもの後ろに座ってもらい、ハンド情報を共有してプレイを見学。逐一アンドリューの疑問に答え、いかにポーカーが技術力と精神力のゲームであるかを伝えました。

 

得心した様子のアンドリュー。PokerSnowieで練習をする!と意気込んでいました。

本当はABCポーカーから教えたかったんですけどね。短い時間の中で効果の高いアドバイスとなると基本的なルールと戦術、そして練習に有効なソフトウェアを教えるくらいが精いっぱいですよね。

 

眠くなってきたので、朝7時にシートオープンし、宿へ戻って就寝。

勝っている日はスパッとプレイを止められるな。

負けている日もこれくらいスパッと止めないとな。