フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

渡比5000ドルチャレンジ3日目 3日で1000ドル突破~勝って兜の緒が緩む~

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今回は2018年11月11日14時半ころから12日11時半ころまでをお届けします。 

 

早すぎたバナナとリゾワ水の便利な用途

 14時半に目が覚めた、かも。

シャワーを浴び、身支度をし、食事しながら2日目の記事を書き終える。

今日の朝食は、レーズンパン、バナナ、現地用日清カップヌードル、マンゴージュース、マルチビタミン剤1錠。

 

まず、バナナは失敗でした。

昨日24時間スーパーであるMETROで買ったのですが、

1房に15本も付いていたので、長期保存できるようにあえてまだ少し青いのを買ったんですよね。

で、朝食を食べる前に見ると黄色くなってたので、食べられるかなと思って1つ食べたのですが、まだ熟せておらず食べれたものではありませんでした。

 

次にカップヌードル

なんとRWMでもらえる無料の水のペットボトル330mlが、

カップヌードルに必要な湯量にピッタリでした。便利。

 

いつもならこれに加えて何かをした後お昼寝を取るのですが、

この加える何かが思いつかず、RWMへ。

後々お昼寝を抜いたことが響いたかもしれません。

 

何てお得なAPTメインサテライト 

 RMWについたのは17:30頃。

ポーカースペースでは、APTメインのサテライトが行われていました。

このサテライト、11月中の毎週日曜14:30から行われているのですが、条件が良い。

エントリーフィー3300ペソで5000点、アドオンフィー3000ペソで10000点もらえます。

そして、レベルタイムは20分で、少なくとも私がプレイしている間はアンティはありませんでした。

さらに、APTメインシートが3つ、サイドシートが2つ保証されているにもかかわらず、今回のエントリー数は31、アドオン数は15、レジスト時のプレイ人数が18人でした。

つまり総チップ数が5000×31+10000×15=305000で、

レジスト時からアドオン込みでエントリーしても、アベレージ16,944点付近からスタートできるってことなんですよね。

インマネ確率5/18=27.77%、メインシートだけに絞ったとしても3/18=16.66%

これ、APT期間中のサテライトより条件良くないですか?

そう思ったかもは、レベル1からエントリーする教の信者でありながら、

教義を曲げてレジストぎりぎりのレベル6からプレイし始めました。

 

 

 

結果は14位フィニッシュ。

途中まで順調に推移していたのですが、次のハンドで事故に遭いました。

 

×BB 42o

3 limped(UTG+1,CO,BU)

BB check

8◆22◆66

xxxb1200,r2500,ffc

xb,all-in,c

BU showed 86s

BU won

 

ターンでオールイン勝負に持ち込むことに成功し、

勝率は90.9%

しかし、リバーで4アウツを引かれ、CSI2台へ。

その後、A7<KJsでバストしました。

 

両方ともフェイバリットで入れきれているので、

分散に殺されたと割り切るしかないですね。

 

体持ってくれよ‼2倍サーモンマンゴー丼だっ!!!!!

その後ウェイティングリストに登録するも、

まだ時間がかかりそうだったので、2Fで食事休憩。

サーモンマンゴー丼が好きすぎて2倍量を注文しました。

 

写真は2倍量。

なお、通常のサイズは次です。

(比較する物と撮ってないのでわかりにくいですが…)

 

500ペソかかりましたが、大満足です。

 

 

今回の成績とハンドレビュー

 20時からキャッシュゲーム開始。

この日はトナメも合わせて3セッション。

 

①APTサテライト -126ドル

②50-100 +133ドル

③100-200 +118ドル

合計+125ドル

 

③では次のようなプレイで500ドルポットが取れたことはよかったです。

◯BU A♠️3♠️

CO limped

BU 900,BB,CO call

74♠️5♥️2♥️4

xxx

b3000,c,r10000,fc

x,all-in 14100,c

CO muck

BU won

double up

 

リバーはブロックベットが打ちたかったのですが、

すでにポットが25900あり、

14100のスタックではオールインになりました。

 

勝って兜の緒が緩む

 ただ、利益が700ドルを超えた辺りからプレイの質が落ち、

最終的に利益を118ドルにまで減らしてしまいました。

 

理由はいくつか考えられます。

①はこの日昼寝を抜いており、すでに体力の限界が近づいていたこと。

②はこの日のテーブルがぬる過ぎたこと

③は利益が700ドル超えた後、兜の緒が緩み、集中力を欠いていたこと

④はショートハンドになった際にオートストラドロを了承したこと

⑤はキャッシュプレイヤーであり、まだ少人数のGTOをおさめ切ってないのに、3人テーブルや2人テーブルででもプレイを続けたこと

 

①③は自己管理の問題ですね。

②であったとしても、自分のパフォーマンスが落ちているなら速やかに席を立つ習慣づけが必要だと再確認しました。

タフコール率が上がりすぎるんですよね。

 

④⑤はABCポーカー上の技量で優っているというアドバンテージを減らしてしまってましたね。

オートストラドロを了承するということは、レートを上げることと同義。

なので、ケリー基準からすれば倍のバンクロールをもってスタックを倍増させなきゃいけないのに、それをせずにプレイをしてしまった。

これは相対的にいつもの半分のスタックで戦い、ストリートでのアクション回数を減らしてしまっているといえます。

アクション回数を減らすということは、つまり、技量の差の影響を減らし、分散の波に飲まれやすい状況に自らしてしまったといえそうです。

 

また、最後ヘッズアップになった際に、プレイを続行したのも悪かったですね。

かもはZOOMプレイヤーなので、9人戦や6人戦は得意としていますが、

ヘッズアップとなると経験がそれほど多くありません。

特に、この日対峙した100%オープン、100%ベット、100%CBとなると、

どのハンドでディフェンスし、コールし、レイズするかという基準を持ち合わせていませんでした。

 

その結果、多くのバリューハンド、ブラフハンドを降ろされ、利益を減らしてしまいました。

ここらへんはGTOで計算できるところだと思うので、この反省を次に活かしたいと思います。

 

10000ペソ紛失騒動

 12日(月)8時過ぎにプレイを終えてホテルへ戻ると、

ジョーズくんが10000ペソほど収支が合わないといいました。

そこで、互いのお金を出し合い、収支を計算し、部屋を探し回りました。

終わったのは11時頃。

結局ジョーズくんの収支の付け間違いと、2人で清算したときのミスが原因でした。

ヒューマンエラーですね。

ミスをするのは仕方ないとして、

そのミスをしたときにリカバリーできるよう

こまめにメモを残したいと思います。

金銭面で揉めたくないしね。

 

3日で1000ドル突破

 最後に、かもも、ジョーズくんも1000ドル突破しました。

ベストはつくせなかったけれど、ベターな結果を得ることはできました。

5000ドルチャレンジ達成まで残り4000ドル。

27日からはAPTが始まるので、

12日から26日の15日間でどこまで積み増せるか、ですね。

 

ジョーズくんデブ活疑惑

 P.S. 食事休憩で4Fのマクドナルドにジョーズ君といった際、面白いことがありました。

 

 

かもがダブルチーズバーガーのLセットを頼んだ後、

ジョーズ君が単品でフィレオフィッシュバーガーとチーズバーガーを頼んだら、

何とフィレオフィッシュバーガーセットとチーズバーガーセットが出てきたんですよね。

 

 

どうやら、かもが注文した際に「ダブルチーズバーガー。あ、セットで。サイズはラージでお願いします」といった後に、ジョーズくんが「フィレオフィッシュバーガー、チーズバーガー」と言ったので、店員さんがジョーズくんの注文もセットだと勘違いしたんでしょうね。

かもたちが片言の英語だっただけに気を利かせてはくれたんでしょうが、ジョーズくんがチーズバーガーとつぶやいたときに、店員さんがふふっと笑っていたのは気になってたんですよね。

今から思えばジョーズくんに対して「こいつセットを2つも頼むのかよ」って思ってたんでしょうね。

それにしても仮にセットを2つ頼んだのだとしても、Sポテト2つというのが笑える。じゃあLにしろよ。