フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

バリューベットの2つの目的とGTO

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は、バリューベットの2つの目的とGTOについて好き勝手述べたいと思います。

 

 

そもそもベット又はレイズの目的は、それぞれ次のようにしばしば語られます。

 

・バリューベット又はレイズ

自分の役よりも弱い役にコールをしてもらうこと

 

・ブラフベット又はレイズ

自分の役以上の強さの役にフォールドしてもらうこと

 

しかし、これらの回答は不十分です。

厳密には、次のようになります。

 

・バリューベット又はレイズ

①自分の役よりも弱い役にコールをしてもらうこと

②自分のブラフレンジがベット又はレイズした場合、自分の役以上の強さの役にフォールドしてもらえるようにすること

 

ブラフベット又はレイズ

③自分の役以上の強さの役にフォールドしてもらうこと

④自分のバリューレンジがベット又はレイズした場合、自分の役よりも弱い役にコールしてもらえるようにすること

 

最初の回答では②と④が抜けているんですよね。

 

②と④は、まず④が理解しやすいと思います。

というのも、ブラフベット又はレイズをすることが苦手で、極端に頻度が低い人をしばしば見かけるからです。

 

ブラフベット又はレイズの頻度が極端に低いという対戦相手のリークが露見した場合、ベット又はレイズに直面した場合はフォールドするというアジャストをして、エクスプロイトすることができます。

ブラフベット又はレイズの頻度が極端に低い方は、バリューベット又はレイズをしてもコールをもらいにくくなるということですね。

 

同様に、バリューベット又はレイズの頻度が極端に低いという対戦相手のリークが露見した場合は、ベット又はレイズに直面した場合はコール又はレイズするというアジャストをしてエクスプロイトをすることができます。

バリューベット又はレイズの頻度が極端に低い方は、ブラフベット又はレイズをしてもフォールドしてもらいにくくなるということですね。

 

Piosolverを使って②を確認してみましょう。

 

とあるスポットでIPが次のレンジで4ベットをしたとします。

 

f:id:fish-or-duck:20181022044101p:plain

 

そして、OOPが仮に次のレンジで4ベットをコールしたとします。

f:id:fish-or-duck:20181022044141p:plain

 

スターティングポットサイズ、エフェクティブスタック、およびベットサイジングは次の通りとします。

 

f:id:fish-or-duck:20181022044557p:plain

 

 

ボードは4♦4♣2♠7♥A♣とします。

 

このとき、さらに次の2つの仮定を置くと、OOPのリバーレンジはKK・QQ・JJに限られ、IPのリバーベットにOOPは100%フォールドすることになります。

・アクション

フロップ x,b1600,c

ターン x,x

リバー x,b,f

OOP及びIPのプレイラインGTOを外れない

 

実際に見てみましょう。

 

・フロップ

チェックする前のOOPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022045646p:plain

 

ベット1600する前のIPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022045725p:plain

 

コールする前のOOPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022045841p:plain

 

・ターン

チェックする前のOOPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022045905p:plain

 

チェックする前のIPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022045930p:plain

 

・リバー

チェックする前のOOPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022050025p:plain

 

 ベットする前のIPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022050056p:plain

 

フォールドする前のOOPのレンジ

f:id:fish-or-duck:20181022050117p:plain

 

アクションを経るごとに、OOPとIPのレンジがそれぞれ絞られていく様子が分かりますね。

 

注目してもらいたいのは、リバーベットをするIPのレンジとそれに直面したOOPのレンジです。

 

リバーベットをするIPの主なレンジは、次の通りです。

AA,AK,A7

KK

 

そして、IPがリバーベットをすると、OOPに残された次のレンジがすべてフォールドします。

KK、QQ、JJ

 

これらは、OOPGTOプレイから外れない場合、IPのAA、AK、A7のバリューベットは、自分より弱い役にコールをもらうという目的を達成できないことを示しています。

 

とすれば、仮にバリューベットの目的が、「自分の役よりも弱い役にコールをしてもらうこと」に限られた場合で、OOPGTOプレイから外れないことをIPが知っていたら、IPはバリューベットをする意味を失ってしまうんですよね。

 

 

でも、Piosolverは、IPにAA、AK、A7でリバーベットをさせます。OOPGTOプレイから外れないことをIPが知っていたとしてもです。

 

その理由は、IPのリバーベットレンジと、OOPのリバーフォールドレンジにそれぞれKKが含まれているからだと思います。

 

仮に、IPのバリューベットレンジに、リバーでチェックさせたとします。

つまり、IPのリバーベットレンジをKKに限定します。

 

すると、そのIPのストラテジーを知ったOOPはどうするでしょうか。

QQ、JJをリバーフォールドさせ、KKはリバーコールさせるようにするのではないでしょうか。

これはIPのKKのリバーベットが、自分の役以上の強さの役にフォールドしてもらうというブラフベットの目的を達成できなくなることを示しています。

 

すなわち、IPのKKによるリバーベットがOOPのKKをフォールドをさせるためには、たとえバリューが取れないことを分かっていたとしてもIPがAA、AK、A7でリバーベットをする必要があるということが読み取れます。

 

以上から、

バリューベット又はレイズの目的は、

 

①自分の役よりも弱い役にコールをしてもらうこと

 

に限られず、

 

②自分のブラフレンジがベット又はレイズした場合、自分の役以上の強さの役にフォールドしてもらえるようにすること

 

も含まれるということが導けますね。

 

 

この話をすると、

聞き手のポーカープレイヤーは、「何となく分かっていた」と述べることが多いです。

かももそうでした。

しかし、話の前にいざベット又はレイズの目的を問うと、その「何となく分かっている」ことを明確に表現できる方は1人もいませんでした。

 

ポーカーは「正しい」アクションをより多くした者がチップを増やすことができるゲームです。

したがって、ベットの「正しさ」の判断基準の1つとして、ベットの目的を厳密に把握することが求められます。

 

バリューベット又はレイズは、バリューを取るだけじゃなく、ブラフを成功させるためにある。

ブラフベット又はレイズは、相手をフォールドさせるだけじゃなく、バリューベット又はレイズを成功させるためにある。

両者は相互に関連し、補い合っている。

どちらかに偏ると、エクスプロイトされうることになる。

偏りに気づくためには、最適な頻度を知る必要がある。

だからこそ、その最適な頻度を探るGTOプレイの研究が必要なんですね。