フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

マニラ再遠征準備

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今回は、マニラ再遠征準備についてお届けしたいと思います。

 

10月7日に帰国したかも。

翌8日にフィリピン遠征を振り返り、

9日に次の遠征の航空券を押さえました笑

 

次は、11月9日-12月8日にマニラに向かいます。

前回のフィリピン遠征の調査を活かして、

どこまで利益を拡大できるかチャレンジですね。

 

そこで、10日にネットを使ってお買い物。

 

まず予約注文したのは、Surface Pro 6!

メモリ16GB、プロセッサCore i7、記憶容量1TBを選びました。

主用途は、遠征中のGTO計算。

 

秋に2009年に自作したデスクトップPCが壊れ、

今、かもが使えるPCは、2013年に買ったSurface Pro 2のみ。

これでGTO計算機たるPioSolverを走らせてみたところ、

1シーンの計算に8分かかる始末。

とりあえず@Lily0727Kさんに倣って、毎日プレイした100ハンドを計算にかけたいので、13時間を超えてしまうSurface Pro 2は現実的ではないのです。

 

そこで今作からクアッドコアになったSurface Pro 6に乗り換えます。

 

ASCII.jp:歴代Surfaceを比べてわかった本当に買いのモデル (1/6)

 

によると、動画エンコードにかかる時間において

Surface Pro 4の最上位機種は、Surface Pro 2の3分の2程度になっています。

 

そして、

 

New Surface ProとSurface Pro4をベンチマーク比較してみた! - Youtubeレビューまとめ/本気の比較

 

によると、Surface Pro 5のCPUはPro 4より13%ほど向上しており、

MicrosoftによるとPro 6のCPUはPro 5より67%向上しているとのこと。

 

そこで、1シーン4分くらいにおさまらないかなと期待。

もしそうなるなら100ハンドで7時間以内には終わるので、

何とかなってくれたら嬉しいな。

7時間でも大変ですけどね。

 

 デスクトップPCを新たに自作することも考えましたが、

第9世代のCPUが11月・12月にかけて登場するらしいので、

先にPro 6を手に入れることにしました。

 

なお、本体のみMicroSoftオンラインストアで注文したのですが、

保証の延長サービスはまだ内容・価格が決まってないとのことでした。

発売日である10月16日には決まると思うので、

後から購入してほしいらしいです。

 

また、ペンやキーボードは前作の物がそのまま使えるとのことだったので、

Amazonで購入して¥9000ほど節約しました。

 

 

 

次に購入したのは、

AC出力対応のモバイルバッテリーです。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N415A9N/ref=pe_2107282_266464282_TE_dp_1

 

マニラのRWMでSurface Pro 2を弄んでいると、

バッテリーが最後までは持たなかったので購入することにしました。

ちゃんとPCへの充電に対応できるようにAC出力対応のものを選びました。

 

大容量になるほど大きく重くなるので、

そのバランスをどこで取るか悩んだ結果、

6.9x6.9x14.6cm・585g、20100mAhで妥協することにしました。

 

 

 

そして、機内に持ち込むリュックを買いましたね。

 

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07FNGRZF9/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

 

これまでかもは小さなスーツケースを使っていたのですが、

今回Jetstarを利用した際に、苦労したんですよね。

 

というのも、Jetstarの機内持込は7㎏制限なのに、

スーツケースだけで3㎏弱したんですよ。

これにPC類とかを加えると5kg超え。

泣く泣く持っていくのを断念した物が発生しました。

 

そこでスーツケースの軽量化を志向。

付けると2㎏を超えてしまうキャリーを排除し、

リュックタイプにすることで1.3㎏に押さえました。

 

あとは、PCのサイズが10.1インチから12.3インチになったので、

適当なサイズのセカンドショルダーバッグが欲しいところ。

どっかに良い物転がってないかなー。