フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

フィリピン19日目-+2000ドルオーバーの上振れ

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は、9月28日14時くらいから29日AM4時くらいまでをお届けします。

 

快眠から起床したかも。

この日は3つのセッションをこなしました。

①50-100 -2ドル

②100-200 +740ドル

③100-200 +1,303ドル

トータル +2,041ドル

 

ご覧の通り。今日は待ちに待った上振れ。

上振れの始まりはAQoから。

 

SB AQo

2 limped

BU 1500 SB 5000,BU call

K♥️T♥️xAy

b5500,c

xb10000,all-in almost12000,c

BU showed AJo

SB won

double up

 

フロップでKが落ちたので、1オーバーGSSDでブラフベットをしたところコールされました。

ターンではAが落ちてショウダウンバリューが付いたのでチェックしたところ、BUからオールインを要求するハーフポットサイズのリードベット。

 

この時のハンドランキングは次の通り。

QJs 3

(AA 1)

(KK 3)

(TT 3)

xx 3

(AK 6)

ATs 1

AⅩ ←自分はここの一番上

KX

QQ 3

JJ 6

99-22

--

♥♥

 

AA,KK,AKは4ベットに回ることもあります。

また、TTはフロップレイズに回ることもあります。

そう考えると、AA・KK・AK・TTのコンボ数はやや薄めなのでコールを選択。

出てきたハンドは、AJo。アウツが3枚しかない絶好の相手でした♪

 

続いて、AKo

 

HJ AKo

HJ 500

CO 1600

HJ 5100,

CO call 85xKA

xx

xb5000,c

xb 6000,c

CO showed A6o

HJ won

 

前日も対戦したルースなCOからの3ベット。

当然4ベットを返しますが、コールされピンチ。

フロップは半ば諦めてチェックしたのですが、相手もチェックバック。

前日にAAでチェックしたのを見せたことが功を奏したのかもしれません。

 

ターンK。

とりあえずショウダウンバリューを得ましたが、4ベットポットはAA・KKの世界なので、TPTKではバリューレンジがあるとは思えません。

そこで、チェックをしたところ、COから5000のリードベット。

とりあえずコール。

 

リバーA。

これで、相手のAA・KKのコンボ数はそれぞれ1になりました。

しかし、ここは4ベットポット。安易にベットしてもコールしてくれるようなバリューレンジが見当たりません。

そこでチェックしたところ、COから6000ほどのベット。

 

AKトップ2ペアといえど、チェックレイズするほどの力はないと考え、ジャストコール。

COのハンドは衝撃のA6o。ありがたかったです。

 

この日来比したNuja氏も100-200テーブルへきて、30分でトリプルアップに成功。

互いにビックスタックでの戦い方には慣れていないので、利確を選択。

二人合わせて1500ドルオーバーの利益を出すことに成功しました。

 

一度利確すると、スタックを減らすためには1時間プレイできません。

そこで、カジノが入っているビルを2人で見て回り、上の方にあったレストランで食事。

さらにホテルに戻って休息をとり、利確から4時間弱後に稼働再開しました。

 

活動再開後はこの4ハンドがよかったですね。

 

CO 76s

CO 500 BU call BB 2000,CO call

Q◆JT4◆

xx

xb2300,f

CO won

 

SB TT

2 limped

SB 1000,UTG,CO call

AT2♣️5♣️6♣️

xxx

xxb2000,r10000,all-in,c

CO showed 55

SB won

double up

 

UTG A♥️T♥️

UTG 500,UTG+1,HJ,BU,BB call

AK♥️74♥️5♥️

xxxxx

b1200,cc,r5300,ffcf

xb20000,all-in almost 38000,f

UTG won

HJ said 77

 

BU J◆9◆

straddle

2 limped

BU 2300,MP,HJ call

KQ◆x◆TK

xxb4000,cf

xb10000,c

xx

MP showed AQo

BU won

 

1つ目の76sは、完全にショウダウンバリューがなかったので、ターンのチェックをみてAKストレートの可能性が低いと判断し、ターン・リバーを打ち切る覚悟をしたところ、ターンで降ろすことに成功しました。

 

2つ目は、フロップでセカンドセットをツモったのですが、AT2rainbowとだいぶドライだったので、スロープレイを選択。

ラッキーなことにターン5で55がサードセットになり、ターンで入れきることができました。

 

3つ目は5人戦。

フロップトップペアとはいえ、キッカーTでは多人数に心もとなく感じてチェックを選択。周りの出方を伺ったところ、チェックアラウンド。

そこで、BBのターンリードベットにコールを選択。

するとHJからレイズが。

ボードはAK♥74♥。

トップレンジにセットはいるものの、♥♥や65なども存在し得ます。

そして、ナッツフラドロを持っていたのでコールを選択。

リバーカードに望みを繋ぎます。

そしてリバーは待望の♥。しかもボードにペアなし。文句なしのナッツフラッシュ。

そこでリバードンクも考えましたが、ここはあえてチェックをして様子を伺います。

するとポット14500ほどに20000のベットが飛んできました。

これはHJにもフラッシュがある可能性があると考え、38000ほどのオールインを選択。

コールはもらえませんでしたが、大きなポットを獲得できました。

 

最後の4つ目はターン1発ツモ。

フロップの時点でアウツが12枚というモンスタードロー。

しかもインポジでアグレッションもあり、相手はルースコーラー。

ということで、フロップハーフポット、ターン2/3ポットを打ってストラドルポットで大きく稼ぐことに成功しました。

リバーはシンバリュースポットではありましたが、念のためKQ・KTをケアしてチェックバック。

 

全体を通じて、ブラフがよく決まり、よくツモり、バリュー対象がそこに存在するという上振れを感じました。

また今日はそこまで大きなミスプレイがなかったのも大きかったと思います。

 

明日からもできるだけ正しいプレイをこころがけてゆきたいと思います。

 

P.S.前日になくしていたノートPC、2つ目の宿の枕の下から見つかりました。