フィッシュ&チップス

カモがチップ乗ってくポーカー日記

フィリピン3日目ープラ転

こんにちは。こんばんは。フィッシュ&チップスのフィッシュかもです。

 

今日は午前中に起きましたが、体は割と重く、溜まっている疲れの多さを感じました。

明日からは1人部屋になるので、移った後に静養して体力の回復に努めたいと思います。

でも、初めてきたフィリピンでまず日本人ポーカープレイヤーが集まるゲストハウスを選んだのは大正解でした。様々な情報交換をすることで、その後のアクションの質を高めることにつながったからです。

 

さて、起きたかもはまずはリビングにいる管理人さんとポーカー談義をしました。ポーカープレイヤーとして人生としても先輩である管理人さんのアドバイスは大変ためになりました。

 

次にかもは、昼前にCODに向かいました。初日と2日目は21時以降から昼までという時間帯しか体験しておらず、昼や夕方の様子を確認したかったからです。

 

CODのポーカースペースにつくと、25/50のテーブルが2卓ほど立っていましたが、50/100以上は0でした。

そこで、25/50、50/100、100/200の3種類のウェイティングリストにそれぞれ登録し、テーブルが開くのを待ちました。

 

テーブルが開くまでは、管理人さんや同じゲストハウスに泊まっているプレイヤーと3人で雑談を楽しみました。

またCOD内のセブンイレブンを初めて利用しました。スパイシーな肉丼が49ペソととてもリーズナブルに買えて、お得でした。普通に食べれる味でしたしね。

でも、まだこの段階では、フィリピンに来て食べたものが、ラーメン餃子セット、レーズンパンとこの肉丼だけだったので、野菜を摂らなきゃいけないなと思いましたね。

 

12時半頃に50/100が立ったように思います。

管理人さんと同卓しました。管理人さんが2番に座ったので、かもは空いている席の中で一番遠い6番に座って距離を取りました。

そのテーブルは私の左隣の方がとても陽気にしゃべる人で、テーブル内がとても盛り上がりました。また4番さんがとてもルースに振り込んでくれるので、良い成績を残すことができました。

 

その後も50/100をプレイしながら、100/200が立つときには100/200に移るなどテーブルを細かく移動しながら順調に利益を出していました。

100/200はなかなか立たない上に、立ってもすぐにブレイクしちゃうんですよね。

あとで思ったのですが、ジャックポットが900万超えている上に、10月8日までの期限付だったからかもしれません。低いレートでテーブルに座り続け、ジャックポットチャンスを狙いたいというプレイヤーが多いせいなのかもしれません。

 

プレイの内容としては終盤までずっと好調ではあったのですが、稼働時間が12時間当たりに差し掛かり、眠気と疲れが溜まってきたときに、初歩的なミスをして利益を減らしてしまいました。一旦離席して、冷たいオレンジジュースで頭を冷やし、ここらへんが今日のかもの潮時だと理解して、稼働を終了させました。

それでも今日はトータルで600ドルプラスで終わることができ、昨日の負け分を取り返してなお500ドルの利益を作ることができたので、ベストではないにせよ、ベターであったと思います。

 

なお、テーブル移動の合間には、カナダプレイヤーやフィリピンプレイヤーと交流しました。カナダプレイヤーは、フィリピンで今の奥さんと出会い、今はフィリピンに住んでいるそうです。フィリピンプレイヤーにはボスがいて、ボスからステーキングを受けてプレイしているそうです。十人十色とはまさにこのことだなとしみじみと思いました。

 

また、カナダプレイヤーが教えてくれたこととしては、CODのポーカースペースはもう少しで閉じ、オカダマニラに移るとのことでした。

その影響で、900万円以上溜まったジャックポットは今回がラストチャンスで、10月8日までの期限になっているとのことでした。10月8日までにジャックポットが生じない場合は、他のテーブルゲームジャックポットに取られるとあって、カナダプレイヤーは我々ポーカープレイヤーが払ってきたレーキを他所に取られてたまるものかって息巻いてました。

最後にジャックポットをプライズにしたトナメとかしたら盛り上がるのにね。

 

フィリピンプレイヤーは、ウェイティング中に話しかけると今日の調子を問われ、その時点で700ドルの利益があることを伝えると、飯をおごってくれと言われたので、二人で中華料理屋に行きました。テーブルで同卓した際に、すごく仲良くしてくれて彼が食べているバナナやチキンを分けてくれたので。

中華料理屋はCOD内にあり、フィリピンでは割と高級そうでしたが、彼の会員証により15%OFFになったこともあって、二人で1040ペソで済みました。

しかも、とても美味しくて、日本で食べる美味しい中華料理屋さんと遜色なかったです。フィリピンで食べる料理はいまいちだという話をよく聞いていたので、驚きました。まぁフィリピン基準からしたら高額だからなのかもしれませんが。

食べきれない分はテイクアウトして、夜食になったのでとてもかもの日本での感覚からするととてもリーズナブルに感じました。

 

宿に戻るとすぐに他のポーカープレイヤーたちももどってきました。どうやらポーカープレイヤーの交流会があったようです。かもも行きたかった。

 

そして、深夜は2人のポーカープレイヤーと、よりよいポーカープレイについて議論しました。どうやらかも程度のレベルでも他のプレイヤーの勉強になることが伝えられるようで良かったです。

塾講師をしていた経験が活き、割と説明力には自信があるので、コーチングとかしてみようかしら。ポーカーでの平均時給+10%でいかがかしら。

今なら1時間当たり25.3ドルですよ。なんてね。